葉酸サプリメントの危険性と副作用について

妊娠を希望する人や妊婦さんなどに、食品からの葉酸の摂取だけでなく、サプリメントなどでも摂取するよう厚生労働省は推進しています。

 

葉酸が、私達の体に大切な栄養素であることはおわかりでしょう。葉酸は水溶性ビタミンであるため、食べ物から葉酸を過剰摂取しても汗や尿と一緒に排出されます。

 

しかしサプリメントでの摂取は注意が必要です。サプリメントには、葉酸の他にも食品添加物が含まれているからです。葉酸サプリメントで栄養を補おうと思っているのなら、特に妊娠中は摂取量に注意する必要があります。

 

葉酸サプリメントに含まれる、食品添加物の危険性・副作用について

葉酸サプリメントには多くの食品添加物が含まれていますが、その中でも「ショ糖脂肪酸エステル」とゆう成分が胎児への染色体の異常を引き起こす原因となるといわれています。
お菓子やパンなど身近な食品の中に、安全な添加物として「ショ糖脂肪酸エステル」は一般的に使用されています。

 

胎児の影響の可能性は低いかもしれませんが、「ショ糖脂肪酸エステル」は発ガン性や肝臓肥大を引き起こす原因であると報告を受けています。

 

妊娠中は普段の生活と違って、出来るだけ安全な食生活を心がけたいですね。

 

葉酸サプリメントの過剰摂取による副作用の症状

サプリメントは簡単に利用しやすく、体への吸収もよく作られています。しかしサプリメントは、決められた摂取量をきちんと守らなければなりません。

 

葉酸サプリメントの過剰摂取によって、体に現れる副作用などの症状にはどのようなことがあるのでしょうか。

 

 副作用の症状 

・不眠症 ・消化器への症状 ・食欲不振 ・吐き気 ・むくみ ・皮膚のかゆみ ・アレルギーなど

 

葉酸の摂取量をしっかりと守って、安全で安心できるサプリメントを選びましょう。

 

 

 

葉酸サプリメントは、妊娠したい時期からいつまで飲む?

葉酸の摂取を勧めている期間は、妊娠後の授乳期間が終わるまでが目安といわれています。しかし、葉酸をサプリメントで補おうと思っている人は注意が必要です。

 

オーストラリアのアデレード大学で調査を行った結果、葉酸サプリを妊娠の後期に摂取し続けた女性で、産まれてくる子供への喘息の発症率が、約30%高くなっている事が報告されています。

 

また、妊娠する前から摂取し続けて、妊娠初期でサプリの摂取をやめた女性の子供には、喘息の発症率が高まることはありませんでした。

 

葉酸を多く含む食品からの摂取での場合には、子供の喘息の発症率に変わりはなかったとゆう結果でした。

 

葉酸を食べ物から摂取するなら問題はありませんが、サプリメントで補うのであれば推進摂取量を守ることが大切です。