妊娠したい人は、日常生活を改善することから不妊体質を克服しよう!

妊娠したい人は健康な体づくりをすること、食事、運動、睡眠など、毎日の生活習慣を改善することが1つの方法なのです。

 

花の画像

体が健康であることで妊娠したい男性や女性ともに、生殖機能も本来の働きをし元気な卵子や精子がつくられ、妊娠しやすい体になるのです。

 

ここでは規則正しい生活習慣と健康な体づくりをするために、どのような点を改善すべきなのか妊娠しやすい方法をご紹介したいと思います。

 

妊娠したい人は日常生活を改善し、妊娠しやすい体作りをしよう。

私たちが毎日生活する中で、どのようなことが原因となり、妊娠しにくい体質となっているのか、その原因と改善方法です!

 

妊娠しやすい体を作る為に、普段から規則正しい生活をして、妊娠する体へと徐々に改善していきましょう

 

チェック 服装から改善する方法

 

体を締め付ける矯正下着やガードル、ジーパンなどは、血行の流れを妨げます。
現代では肌を露出するファッションが流行ではありますが、妊娠したい場合に行う不妊治療などでは、体温調節というのはとても重要になってきます。
体が冷えないように1枚はおるなどして体温の調節をすることも、妊娠する体に近づく方法です。

 

チェック エアコンで冷えた体を改善する方法

 

エアコンの中で長時間生活することによって、体温調節をする機能が低下します。
昔にくらべて仕事をする女性は増えていますし、エアコンのきいた部屋で1日過ごすことも多いでしょう。

妊娠しやすい体づくりをする女性

汗をかくことがなくエアコンの部屋で過ごすことは、自然と体が冷え自律神経が乱れるので、妊娠したい人にとってはマイナスなのです。

 

仕事が忙しくても適度な運動をするようにして、汗をかくことやぬるま湯のお湯につかることを心がけ、身体をリラックスしさせ体温と自律神経の調節をしましょう。

 

チェック ストレスを発散する方法

 

ストレスはほとんどの病気の原因に影響し、不妊の原因の1つでもあります。ストレスが溜まることでホルモンバランスが崩れます。

 

卵管を収縮させたり月経の異常を起こしたり、自律神経の乱れにつながります。
妊娠したい人は日常生活の中で入浴や運動、趣味などを持つようにして、ストレスを溜めこまないように発散させましょう。

 

チェック 睡眠をしっかりとる方法

 

私たちが健康であるために必要な睡眠時間は、1日7時間程度の睡眠が必要といわれています。女性ホルモンの分泌に大きく関わる成長ホルモンは、睡眠中に70%分泌されるといわれています。

 

特に22時〜2時の間に良い睡眠がとれると、ホルモン分泌を促し自律神経を整えることができるのです。妊娠したい体になるには、できるだけははやめに就寝するように心がけましょう。

 

妊娠したい人は体重管理に気を付けましょう。

ダイエットをする女性

肥満であったり痩せによることは、女性不妊の原因の約12%をしめています。

 

痩せている人の場合、脂肪細胞が充分な量を得られないため、月経不順がおこったり閉経が早まるといわれています。標準体重よりも15%以上、体重が減少すると月経の異常がおこり、30%以上減少することで、無月経になるといわれています。

 

BMIの数値が19より少なく月経が不順であるときには、体重を増加して妊娠しやすい体へと改善します。マラソン選手や新体操選手に月経不順の人が多いのは、脂肪が少なく痩せていることが原因でしょう。

 

妊娠したいのに肥満になることで、妊娠しにくい体になります。BMIが25以上になると、男性は精子の質が低下します。

 

女性は肥満になることで、卵巣からのホルモン分泌をおさせ、妊娠しにくい体になります。妊娠したい方法として、標準体重に体重を近づけることによって、妊娠しやすい体へと改善されます。

 

チェック BMIで肥満度をチェックします。

 

妊娠したい人は、無理なダイエットはいけません。

女性は男性に比べて脂肪が付きやすく脂肪細胞も多いです。なぜかとゆうと女性は妊娠、出産をするという目的があるからです。

 

食事をとらないダイエット食品などでのダイエット、体重の急激な減少など無理なダイエットは、ホルモンバランスを崩し不妊の原因となる、無月経や生理不順などをまねきます。

 

自律神経の働きに筋肉は深く関わりがあります。妊娠したいのなら、御飯を食べないなどといった無理なダイエットは、筋肉が減り血液の循環が悪くなりますのでやめましょう。

 

自律神経が異常になることで冷え性の原因になりますので、無理のない運動を取り入れた筋肉をおとさないダイエット方法にしましょう。

 

妊娠したい人は冷え性を改善しましょう!

冷え性の女性

このような日常生活から、気付かないうちに冷え性になっていることがあります。

 

ほとんどの方は、手や足の先が冷たくなったり寒がりであったりして、冷え性であることに気づきますが、そのような症状や自覚がなくても、基礎体温が36度以下であったりすると、体が冷えている場合もあります。

 

冷え性は新陳代謝が悪く血液の流れが悪いため、妊娠したい人にとては不妊症の原因となるだけでなく、他の病気の原因にもなります。不妊の原因でもある、生理不順や生理痛などの症状がある女性は、冷え症の人がとても多いです。

 

女性のほうが男性にくらべて血管が細いですし、体力や筋力が少ないことなども、冷え症になりやすいのです。普段から生活改善する方法を取り入れ、冷え性のない妊娠しやすい体作りをしましょう。

 

チェック 妊娠したい体づくり・不妊体質改善方法

 

チェック 不妊に効果のある食べ物

 

チェック 自宅でできる不妊改善方法