妊娠する体とは!卵巣の仕組み・機能と働き

卵管の画像

 

卵管が正常に機能することが、妊娠したい人にとってはとても重要になります。妊娠するためには、卵子が子宮までたどり着く状態でなくてはいけません。

 

卵子は精子と出会うために卵管を通り、そして精子と出会い受精が行われます。卵管の機能には、卵子をうまく精子のところまで運ぶとゆう役割があります。

 

卵管の働きによって、受精された受精卵が子宮へとたどり着き、子宮内膜に着床します。そして妊娠し、子宮は赤ちゃんが成長できる環境づくりを始めます。

 

妊娠するためには、このような卵管の役割がとても重要になります。

 

チェック卵管の機能・役割

 

チェック 排卵した卵を卵管へ取りいれること

 

チェック 卵子を精子と出会う場所、受精する場所へ運ぶこと

 

チェック 受精卵を子宮へ運ぶこと

 

卵管に傷や癒着物、詰まりなどの障害があることで、卵の通りが悪くなり妊娠しにくい不妊の原因を引き起こします。


妊娠と卵管の働き関連ページ

妊娠と卵巣の働き
妊娠と子宮の働き