妊娠したい!マカの成分・栄養素がもつ男性不妊への改善効果とは!

不妊症の原因は女性に問題があると思いがちですが、不妊の原因の30%は男性であるといわれています。この男性の原因の多くは、造精機障害が90%を占めているといわれています。

 

花の画像

現代の環境の変化や、ストレス社会による生活習慣の乱れなどによっても、不妊の原因は引き起こされています。男性の精子の数や運動率もこうした変化によって、20年前に比べ80〜50%と減少しています。

 

マカは、不妊改善に効果があるといわれており、マカのもつ成分や栄養素が男性ホルモンに働きかける作用があります。

 

妊娠したい男性の体にマカがどのようなに働きかけ、不妊改善効果があるのか詳しく解説していきます。

 

マカが男性不妊に効果がある理由!

マカの男性不妊効果について説明する先生

男性ホルモンは骨格や筋肉の成長促進、体毛の発育や声変わりなど、男性の成長に大きくか働きかける役割があります。

 

健康な男性の体では、男性ホルモンは1日に約7ミリの分泌があるといわれおり、体内では70種類のホルモンがあるといわれています。

 

代表的な男性ホルモン「テストステロン」は精巣で分泌されます。この「テストステロン」が減少することで、集中力が低下したり不眠症になったりと、精神的にも身体的にも不安定になったりします。

 

この男性ホルモン、テストステロンは、20代から減少し始め50歳前後に急激に減少します。テストステロンが減少することによって、生殖機能が減退し妊娠したい男性にとって不妊の原因にもなるのです。

 

マカには、男性ホルモンのバランスを整える効果があります。ホルモン分泌の指令をだす視床下部や脳下垂体の働きに、アミノ酸やミネラルなどの栄養素が深く関係しているといわれています。

 

マカにはこの栄養素が豊富に含まれており、マカを継続して摂取することで、自然とホルモンバランスを調節する効果があります。男性ホルモンのバランスを整える栄養素がマカには含まれているので、男性不妊の改善に効果的だといわれています。

 

男性機能への改善効果

たばこを吸う男性は多いですが、たばこは精子の数を低下させたり、運動率を低下させる原因となります。不規則な食生やインスタント食品などの食生活でも、男性の機能改善に欠かせない栄養が摂取できません。

 

花の画像

また、ストレスなどによっても、EDの原因をひきおこしたり、男性ホルモンの分泌が抑えられたりします。

 

男性不妊の改善に必要な栄養素には「亜鉛」「セレン」「アルギニン」があります。この栄養素によって、精子の運動率を高めたり精子の数を増やしたりすることができます。

 

マカを摂取することによって、栄養素をバランスよく摂取することができ、男性機能を高める効果がります。不妊を改善するためにはまずは生活改善をし、必要な栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

 

マカは天然のバイアグラともいわれており、継続することが男性の不妊改善に効果的だといわれています。

 

精子数や運動率への改善効果

マカがどのように精子に効果があるのか、健康な成人男性9名を対象とした試験がおこなわれました。1日のマカの摂取量、成人男性6名には1,500r・成人男性3名には3,000rを4ヶ月の間服用してもらいまいた。

 

その結果、1回の射精中の精液量・精子数・運動性精子数・精子運動性が増加したと報告されています。マカに含まれる亜鉛やアルギニンなどの栄養素が、精子の活発化に効果的といわれています。

 

ED(勃起障害)の改善効果

マカに含まれる「デキストリン」「アルカロイド」「ステロイド」などの栄養素が、男性不妊の原因となるEDに効果があるといわれています。

 

花の画像

男性の生殖器細胞の80%をアルギニン酸は占めていますが、マカはその栄養素を豊富に含んでおり、男性の精力増進などに効果的です。

 

また、マカは「天然のバイアグラ」といわれ、アメリカなどでは男性のEDの治療にも注目されています。

 

精力・性欲の低下を改善する効果

健康な成人男性57名を対象として、マカは性欲に効果があるのか実験を行いまいた。1日のマカの摂取量を、成人男性30名には1,500r・成人男性15名には3,000rの服用を行いました。

 

被験者の思い込みなどによる影響をなくすために、残りの成人男性12名には、人体に影響のない区別のつかないもので摂取を行いまいた。12週間マカを摂取させた結果、8〜12週目に性欲改善の効果があったことが報告されています。

 

不妊の原因となる高齢は、女性だけの問題ではなく男性にも関わりがあります。男性も加齢になることによって性欲も低減し、不妊の原因となるのです。