何歳まで妊娠できるの?妊娠したい人の高齢出産のリスク!

高齢な女性

女性は33歳ぐらいから、妊娠能力が低下するといわれています。

 

高齢出産は35歳をすぎてから出産することをいいますが、身体も年齢とともに変化し内臓機能や生殖機能、筋力や体力の低下、20代にくらべ30代の方が妊娠機能も衰えるのです。

 

近年では晩婚化もすすみ、高齢妊娠、高齢出産は5人に1人といわれています。

 

 

33歳で体外受精を行うのであれば、20代と同じく約40%が妊娠するといわれていますが、40代になるとその確率はかなり低くなります。

 

40代でも出産はできますが、妊娠したいなら高齢になるほどにリスクは高くなります。
現在の日本でも40代で高齢出産する人は2〜3%です。

 

 

不妊の原因がなくても、高齢になることによって卵子が老化し不妊の原因になりますので、妊娠したい場合ははやめに計画をたて子作りするようにしましょう。

 

性生活も何年もたてば減るものですし、これもまた自然に不妊の原因となるのです。

 


高齢不妊と妊娠記事一覧

女性ホルモンが減少することも、不妊の原因といわれています。女性ホルモンとは、女性らしい体をつくったり、妊娠、出産にとても関わりの深いホルモンです。女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、黄体ホルモン(プロゲステロン)と、卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類となります。卵巣ホルモン(エストロゲン)は子宮に大きく働きかけ、20代から30代にかけてホルモンの分泌バランスがもっとも安定します。しかし、...