排卵日検査薬の判定 よくあるQ&A

排卵日検査薬の判定で薄いラインのときでも、排卵が起こったと思っていいの?

排卵日検査薬の判定ラインが薄くても、正しく検査はできているようです。排卵日検査薬は排卵を予測するものなので、排卵日の特定が正確にできるわけではありません。

 

排卵が近くなると体内のLH(黄体形成ホルモン)が増えることによって、排卵検査薬の反応が陽性になる仕組みになっています。排卵日検査薬に反応があってから24〜36時間のうちに排卵が起こるといわれています。

 

薄い反応がでた日やその翌日にタイミングをとって、性交するようにしましょう。

海外製の排卵日検査薬を使ったら、反応が(薄い→反応なし→濃い)とゆう感じだった。これから排卵があるのか?

日本性の排卵日検査薬でも、このような反応がおこることはあるようです。
おそらく排卵はこれからだと予測しますが確実ではありませんので、基礎体温計と併用して使うようにすると妊娠しやすい日の目安がわかりやすいです。

検査した初日から濃い線がでたらどうしたらいいの?

陽性は2、3日続くこともあるようですが、初めて陽性になったときが妊娠しやすい確率が高いようです。

 

36時間以内に排卵が起こる可能性があるので、妊娠したい人は仲良しをするようにしましょう。陽性が続くまで検査を行うようにして、タイミングをとって仲良しをしてくださいね。

基礎体温が高いのに、排卵検査薬では反応がありません。無排卵とゆうことでしょうか?

基礎体温が高温期にはいっているのなら、排卵はしていると思います。排卵日検査薬は排卵の有無を調べるものではなく黄体ホルモンをみるものなので、正確に排卵があったかどうかということははかりません。

 

基礎体温を計り体温が低温相と高温相の2相にわかれているなら、排卵があったことを確認できます。

妊娠したとき、排卵日検査薬でも反応がでるのですか?

排卵前になると分泌される黄体形成ホルモンと、妊娠時のヒト絨毛性刺激ホルモンには交差反応性があり、妊娠した時に排卵検査薬に陽性反応がでることがあります。妊娠した可能性が高い時期に、排卵検査薬で反応がでたのであれば、妊娠検査薬で再度確認してみましょう。