排卵日に現れる症状 排卵痛と排卵出血の原因

排卵出血について説明する看護師さん

正常な女性の体では、排卵が毎月おこります。

 

また、人によって排卵日近くになると、排卵痛といった症状が現れる方もいます。

 

排卵痛の症状の現れる時期は、排卵日前後の3日間くらいといわれています。この時期に、腰痛や下腹部の痛みなどの症状が現れると、排卵痛の可能性があります。

 

基礎体温計を測ると、低温相から高温相に体温が移行するあたりに、お腹や腰に痛みなどの症状が現れれば、排卵痛と思われます。

 

基礎体温計を使って、体温を毎日はかることで排卵日を確認している人は、このような症状があった場合に排卵痛かどうかチェックができますね。

 

排卵日の症状

チェック 排卵痛の症状

 

排卵日近くに症状が現れ、1日や2日間ほどの軽い腰痛や腹痛程度の症状なら、問題はないようです。

 

排卵痛の症状は人によって違うので、症状が長く続いたときや傷みが激しいときは、黄体出血や卵巣出血の疑いもあるようです!

 

薬を飲まなければ耐えられないほどの症状が出た場合は、必ず病院で診察を受けてくださいね。普段から体調管理に気をつけて、身体に現れる症状や変化をチェックすることが、妊娠へ向けての第一歩です。

チェック 排卵痛の原因

 

チェック 排卵する際におこる卵巣からの出血【原因・症状】

 

卵子が卵巣の壁を突き破って飛び出してくることを排卵といいますが、このときに卵巣の壁が傷つくことで出血がおこります。

 

この場合に少量の出血はよくある症状ですが、卵巣からの出血が多いと激しい痛みなどの症状がおこります。あまりにも出血が多くひどくなると、立っていられないほどの痛みや吐き気などの症状が現れます。
いつもと違う症状で不安なときは、自分で判断せず病院を受診するようにしましょう。
女性ホルモンの影響による出血【原因・症状】
排卵した後に卵巣は少し腫れた状態になりますが、これによって腹痛や腰痛などの症状がおこります。
このときエストトゲンとゆうホルモンが卵巣から放出されますが、ホルモンが多量に放出され減少することで、出血の症状がでるといわれています。

 

ストレスなどでもホルモンは影響されやすく、ホルモンが減少するほど出血の量が増えるといわれています。

 

チェック 女性ホルモンの影響による出血【原因・症状】

 

排卵した後に卵巣は少し腫れた状態になりますが、これによって腹痛や腰痛などの症状がおこります。
このとき、エストトゲンとゆうホルモンが卵巣から放出されますが、ホルモンが多量に放出され減少することで、出血の症状がでるといわれています。

 

ストレスなどでもホルモンは影響されやすく、ホルモンが減少するほど出血の量が増えるといわれています。


排卵痛・排卵出血の原因と症状関連ページ

生理周期と排卵日
排卵日を予測する方法
排卵日計算式
排卵日の症状