排卵日計算式から、妊娠しやすい日を予測してタイミングをとる方法!

花の画像

月経の周期には、低温期と高温期の二層になる期間があります。

 

チェック 卵胞期:生理開始から排卵まで
チェック 黄体期:排卵後から次の生理開始まで

 

妊娠したい場合は、排卵がおこる時期を知り、卵胞期を計算して妊娠しやすい日に、仲良しのタイミングをとるようにしましょう!

 

排卵日計算式:月経が正常な一般的な人の場合

 

< 排卵日の計算式 >

 

月経周期(卵胞期+黄体期)− 黄体期 = 排卵日

30日 − 14日 = 16日

 

排卵日を説明する先生

実際には、多少排卵日が前後するといわれています。

 

また、生理の周期が早い方は、生理がまだ終わっていないのに排卵が起きていることも考えられます。

 

妊娠する時期やタイミングは、排卵日だけということになりますが、排卵前でも妊娠する可能性はあるのです。

 

精子の寿命は約3日といわれており、排卵日の前であっても精子が生き延びれば妊娠するのです。

 

しかし卵子の寿命は排卵してから24時間といわれていますので、排卵が終わって1日たてば妊娠しにくいとなるのです。

 

人の身体は完璧ではないので、このように決まった日に排卵するわけではありません。妊娠したい人は、自分の排卵日を知ることがとても重要となります!

 

排卵日を知る方法は、基礎体温計や排卵検査薬を使ってしることもできるので、妊娠しやすい時期にタイミングをあわせて、仲良しをすることが妊娠の可能性を高めることになります!

 

排卵の基礎知識

チェック 排卵とは!?

 

チェック 生理周期と排卵日

 

チェック 排卵日予測方法

 

チェック 排卵の症状【基礎体温・おりもの・出血】

 

チェック 排卵痛と排卵出血