不妊改善に効果のあるといわれる漢方薬について

天然のものからつくる薬、植物や鉱物、動物などの自然に存在するものを使ったもので、これを生薬と呼びます。

 

漢方薬とは、医師が患者を診察し、症状や状態、体質などによって生薬を組み合わせ、処方する薬のことをいいます。

 

近年では漢方医学の研究も発展し、西洋医学で対処できない場合に漢方薬を使用したり、生活習慣病にも漢方薬の効果が期待できる、と証明されています。

 

中国で古くから、薬草を煎じて服用していたことが漢方薬のはじまりなのですが、長い歴史の中で漢方医学は進歩してきたものといえるでしょう。

 

病院でも漢方薬を処方しているところは多く、天然の生薬からつくられていることや、長期間にわたり使用できることもまた、安全で魅力なのでしょう。

 

漢方薬がどうして不妊症に効果があるのか?

身体に何の異常もないのに、妊娠できない悩みを持つ人は多いです。

 

人には生まれながらに備わっている体質があり、冷え症の人もいれば、風邪をひきやすい人もいます。
また、食生活などによっても体質は変化し、知らないうちに妊娠しにくい体になっているかもしれません。

 

不妊の原因となる生理不順や子宮内膜症、子宮筋腫など、また男性側の原因となる精子の運動能力の低下、形成能力の低下など、妊娠できない原因はさまざまです。

 

漢方薬には、身体の虚弱な部分を治したり、本来の身体のもつ機能を取り戻す助けをする働きがあります。
漢方薬の処方は人によって違いますが、男性だと精力剤となる高麗紅参や、カキエキスなどの漢方薬が、効果があるといわれています。

 

不妊症だけでなく、日頃からの健康づくり、病気の予防や体質改善にも、漢方薬を使用している人は多いのです。