女性不妊の原因 【排卵障害(不正出血)の症状と治療法!】

不正出血について説明する先生

生理以外で出血すること、生理と思っていても排卵のない出血などは不正出血です。

 

正常に生理があるからと安心していても、不正出血である場合もあります。生理と違う色の出血がある場合は、病院を受診することをすすめます。

 

チェック 不正出血は2種類に分かれます。

 

チェック 器質性出血
生殖器に異常が起こっているため、出血が起こる。
子宮筋腫、ポリープ、子宮がん、子宮頚がんなど病気の可能性がある。

 

チェック 機能性出血
思春期や更年期に起きる、ホルモンバランスの崩れから起こる出血。

 

不正出血の原因には、どのような場合があるのか?

排卵以外での出血、生理でない出血があった場合は、病気が隠れているかもしれません。

 

花の画像

不正出血の原因として、子宮や子宮の周りの病気から起こることが考えられます。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、その他にも流産や子宮外妊娠などの病気で、出血している可能性もあります。

 

不正出血の原因をはっきりさせることが、妊娠する体へ近づき不妊症改善へとつながり、病気の早期発見にもなるのです。

 

出血が続くようなら、必ず早めに病院を受診するようにしましょう。

 

不正出血治療・改善

不正出血の治療法は、人によって原因が違うため一概にはいえませんが、止血剤やピル、排卵誘発剤などの薬を使う場合や、ホルモンバランスの崩れから不正出血が起きているなら、ホルモン注射を使って病院では治療するようです。

 

子宮ガンは、ここ数年で増えています。病気は毎日の生活習慣から起こることも原因ですので、健康な毎日が送れるように生活を改善することが大切です。

 

それが自然に妊娠しやすい体になり、不妊症の改善となるのです。