妊娠したいと希望するのに赤ちゃんができない!不妊症とはいつから?

不妊症について解説する産婦人科の先生

日本では、夫婦生活が正常であるのに、2年以内に妊娠しない場合は不妊症と判断されます。

 

近年では、不妊の原因に大きく関わる病気も増加していて、10組に1組は不妊症であるといわれています。

 

昔と違って晩婚化が進み、ストレス社会、食生活になどによっても不妊症は増えつつあります。

 

不妊症というと女性側の問題と思っている人も多いようですが、近頃では男性側が原因である不妊も増加しつつあります。

 

少し前までは、不妊の原因などは解明されていませんでしたが、今では病院での不妊治療は確実に進歩し、不妊治療が受けられる施設や病院も増加しつつあります。

 

病院で行う不妊治療は、高額で医療費の負担がとても大きいのと、精神面での負担も大きくなります。不妊治療を受けるか悩んでいる方も、受けようと思っている方も、まず日常生活から妊娠しやすい体に改善することが大切です。

 

妊娠したいのにできない理由には、男性や女性それぞれに何か原因があるので、それが障害となり不妊をひきおこしています。どんなことが理由で不妊を引き起こすのか、原因やその改善に効果のあるものをまとめました!

 

妊娠しやすい身体になるにはどうすればよいのか、不妊症の原因や改善方法を知り、夫婦で実践することで妊娠しやすい体作りをこれからおこなっていきましょう。

 

不妊の原因と妊娠しやすい体質改善